お弁当などを包む日常使いの風呂敷

あなたはお弁当を包む時に何を使っているでしょうか。
かわいいハンカチも良いかもしれませんが、
小さめの風呂敷を使うと色も柄もお洒落なものを
選ぶことができます。

今、こうした日常使いの小風呂敷が注目されています。
風呂敷は、物を包んだり運んだりする時に使用する
正方形の布のことです。小風呂敷

日本では古くから贈り物を包むなど様々な用途で
活用されてきました。

しかし、フォーマルなシーンで使用するものという
イメージが強く、日常生活にはあまり馴染みがないと
感じる人も多いかもしれません。

フォーマルなシーンでは正絹のものが一般的ですが
価格もそれなりに高額です。

そのため、日常的に使用するという感覚がないのも
無理はないかもしれません。

その風呂敷が今、値段も素材もよりお手軽なものが
販売され、様々な用途で使用されています。

日常使いする

その一つがお弁当を包むランチョンマットとしての活用です。

風呂敷には幾つかのサイズがあり、大きいものだと
238センチ四方もありますが、お弁当などの小さいものを
包む布としては50センチ四方の小さいものが最適です。

お弁当箱とおにぎり、ランチポットとおにぎり、
サンドイッチなど、どのような組み合わせでも
包むことができます。

素材は綿100%で張りがあるので、そのまま下に敷いて
ランチョンマットとしても使用できます。

風呂敷は色合いも柄もはっきりしたものが多く、
複数のインターネットショップが展開しているので
選びがいがあります。

また、季節や行事などテーマに沿った柄も多いので、
春には桜の、夏はスイカ、秋は落ち葉、冬は雪など、
季節に合わせて柄を変えることもできます。

また、包んだ状態で柄が完成されるものも多く、
ランチバックから取り出した時にお友達の目を引くことは
間違いありません。

価格は50センチ四方のものなら1000円前後と手軽です。

綿素材なので、使用後は洗濯機で洗えるのでお手入れも簡単です。

日本古来のアイテムを上手に使いこなすことで、
女子力も高まること間違いなしです。

男性にも使いやすい風呂敷

風呂敷は、かつてはどこの家庭も日常手放せないものであり、
品物を包んで運ぶときの代名詞のような存在でした。

包んで運ぶ

ところが時代の変遷とともに、街中で見かけることも
少なくなっており、寂しい限りとなっています。

日本人の行動様式が洋風化してきたということなどが
大きな要因だと言えますが、デパートなどがそのロゴや
マークを入れた紙袋で商品を渡すということや
おしゃれなブランドもののカバンがもてはやされたことなども
影響しています。

しかし、風呂敷の最大の特徴は使わないときは
小さくたたんでポケットにしまうことができるということ、
品物を包むときには大きさや形状にかかわらず、
どのようなものでもほとんどカバーできるということにあります。

男性向け

そうなると、普段荷物を持ちたがらない男性にとっては
格好のツールということが言えます。

振り返ってみると、裁判所に出向く弁護士さんが、
かばんも持ちながら、風呂敷に一杯入れた裁判書類を
もって出かけるという光景がありました。

裁判所に提出するものですから、提出が終われば
その用途は終わりということで、たたんでかばんに収めて
帰るということからです。

こうした事例で分かる通り、書籍の運搬などにも適しています。
何よりも一定の制限量までは、中身に合わせて大きさを
調整できる、中身が殻になればたたんで持ち帰れるという
メリットが大きいのです。

さてそこで、男性が使うことを考えればさらに
使いやすいものとなることもわかります。

いい例は、一升瓶の運搬です。
最近は4号瓶が体裁がいいところから使われやすいのですが、
宴会で酒豪が集まるときは一升瓶でなければ興ざめということもあります。

少しだけ包み方の工夫も必要ですが、風呂敷で包めば
格好も良く粋な感じで運ぶこともできるというものです。

少し大きめの箱型のもので、紙袋では不格好な印象に
なりやすいものも、風呂敷なら体裁もいいものとなります。

つまりやや大ぶりなものや重さを伴うようなもので、
女性よりも男性に運んでほしい場合は、風呂敷の出番が
あるという具合です。

インテリアに活かしたくなる風呂敷のデザイン

風呂敷のデザインには四季の自然を染め抜いた花鳥風月や、
いつの時代も絶大な人気の小紋の数々、縁起の良いものを染めた
吉祥文様などがあります。

色の持つ意味

色については大きく四種類に分けることができます。

和の文化がはぐくんだ緑、喜びの赤、敬い礼を伝える紫、
そして日常使いの青です。

花鳥風月は古代より移ろう四季を愛で、その情緒を暮らしの中に
映しこんできた日本人ならではのデザインです。

自然との一体感を大切にしてきた日本人の情緒や、嗜好の伝統を物語っています。

日本を代表する小紋のデザインは、江戸中期職人の卓越した技によって
生まれてきたものです。

風呂敷を代表する唐草模様は、どこまでも伸び行くツタが
デザイン化されたもので、絡みながら上へ上へと伸び行く様には
長寿・延命・繁栄への願いが込められています。

現代の風呂敷はファッションで知られる有名デザイナーのデザインもあり、
カジュアルなものもあり、和の文様を現代風にアレンジしたものもありと
豊富な色と多彩なデザインの風呂敷が作られています。

これらの豊富なデザインがある風呂敷を利用して、いろいろなインテリアの
用途として使っている人も多くいます。

インテリアとしての用途

周りに転がっているティッシュボックスを包んでみたり、
観葉植物の鉢の部分に巻きつけてみたりインテリアばかりではなく、
季節に合わせてスカーフにしてみたり、キャップにしてみたりと
風呂敷の用途は様々に変化してきています。

生活に潤いを出していくものとして大変に喜ばれています。

お部屋の雰囲気に合わせて選べば同じ包み方なのに
ガラッと部屋のイメージが違ってきます。

また、季節に合わせて様々な色デザインのものを
着せ替えていくというのがおしゃれです。

日本の昔からの文化をインテリアという日常の生活に
うまく取り入れて生活することが日本人を知る、
日本の文化を忘れないでいるということに
つながってくることでしょう。

新しくデザインされたものも日本の古くからの文様を
生かした商品が、たくさん販売されています。

エコバッグとしてカジュアルに使える風呂敷

お弁当を包んだり贈り物のラッピングとして使ったりと
風呂敷には様々な用途がありますが、買い物をする際の
エコバッグとしても非常に便利です。

買い物用

近年では環境保護の観点から、ゴミになりやすいレジ袋は
できるだけ使わないよう買い物袋を持参している方も
増えつつあります。

しかしなかなか使い勝手のいいバッグや好みのデザインのものが
見つからず、結局レジ袋に頼ってしまうケースも珍しくないでしょう。

そんなときに役立つアイテムとして見直されているのが、
用途に合わせ自由自在に形を変えて使える風呂敷です。

日本で古くから使われ続けてきた風呂敷は、布一枚さえあれば
どんな物も臨機応変に包むことができる究極のエコグッズです。

鞄に慣れている方だとただの布を袋代わりにするのは
不安に感じがちですが、しっかり結び方をマスターすれば
中身を落としてしまったり途中で解けてしまったりする
心配もありません。

使わないときはたたんでおくことが可能なので、
かさばらず持ち歩きやすい点がメリットとして挙げられます。

また一般的なエコバッグの中には洗濯ができないタイプも
少なくないですが、風呂敷なら素材をきちんと選ぶことで
汚れが気になったときにすぐ洗いやすいのも魅力です。

洗いやすい

その他にも最近では水をはじく素材でできているものもあるので、
これを使えば雨の日も濡れにくくなり安心です。

デザインもシンプルなものから可愛い柄まで豊富にある上に、
包み方によって形状が大きく変わるためカジュアルに
お洒落を楽しみたいときにもぴったりでしょう。

基本となる真結びを覚えておけば、誰でも時間をかけず
簡単にバッグの形を作れるようになります。

例えばシンプルに両端を結ぶだけでも袋にできますし、
一つ結びを組み合わせて持ち手部分を作ることも可能です。

その他にももう一枚風呂敷やリングなどの道具を用意することで
様々なアレンジができるため、慣れてきたらリュックなどの
バリエーションにもチャレンジしてみるといいでしょう。

葬儀や法事にふさわしい風呂敷について

葬儀や法事、初七日・二十七日や四十九日法要などに
参列する場合は、服装や持ち物に気を使います。

一周忌やお盆、お彼岸などの仏事では、年月や参列者の数とともに
緩くはなりますが、カジュアルすぎるのは問題でしょう。

礼服や喪服では無くても、黒っぽい服装やグレーなどの
押さえた色目を選び派手な柄は避けるのが常識です。

持ち物も金ピカピカの金具付きや高価なブランドバックなどは
自粛して、控えめにする人が多いでしょう。

香典などの金封を包む袱紗の代用や、お供え物を持参する際に
風呂敷を用いることもあります。

葬儀・法事、仏事などの弔事・法要の用途に使うなら、
派手な色柄は避けてシンプルな落ち着いた色を選びましょう。

黒無地や墨染もよいですが、袱紗(ふくさ)の色目と同様に
弔事用なら「紺」「深緑」「灰緑」「緑」「うぐいす色」
「灰青」「グレー」「紫」がおすすめです。紺色

色には意味がありますので、喜び事、お祝い事に使う赤やピンク系は
華やかな気持ちを表すので不向きです。

結納や婚礼の用途に多く使用される風呂敷で、華やかなタイプの
慶事向けなので、葬儀や法事にはNGです。

紫系の風呂敷は高貴な色とされていて、気品のある
改まった場面に使用するにふさわしい色です。

濃い目の紫から抑えた藤色まで、慶事のみではなく
お葬式などあらゆる場面で使う事ができるので便利でしょう。

風呂敷を一枚用意するなら、品格の高い紫系がおすすめです。
青系は普段使いが基本ですが、明るい色では無く
紺(鉄色)なら葬儀や仏事にも適しています。

緑色の風呂敷も慶事だけではなく、うぐいす色や利休色など
法事などの席にも使えます。

風呂敷の色

柄に関して特に決まり事は無いのですが、おめでたい柄は
避けて心静かになるような柄が好ましいでしょう。

ただし故人を忍ぶ行事には、故人の名前にちなんで
「松」や「梅」などの文様を選ぶこともあります。

香典返しとして、故人の好きだった花(ツバキ・桜・菊など)を
描いた風呂敷を選ぶことも少なくありません。